夜のホーチミン

Twitter Facebook
×

ホーチミンの外国人富裕層が集うナイトスポット-MZ Club Live Music Bar(ドレスコードあり)

2018-02-18
2019-11-20

ホーチミンには富裕層向け高級クラブがいくつかある。客層はシンガポール・香港からのビジネスマンや韓国人・中国人・ベトナム人富裕層が中心。日本人を見かけた事はない。日本人は8割がレタントン、残り2割がパスター通り、ベンタイン市場周辺、ブイビエンで夜遊びしている。レタントンでの夜遊びに飽きたらチャレンジして欲しい。

MZ Clubはホーチミン・ブイティスアン(Bui Thi Xuan)通りにある。1階部分は小洒落たMZ Restauant(WineBar&Dining)があり、正面右手に男が2〜3人待機しているので、その男に向かって「ミュージックバーへ行きたい」と言えば案内される。通常1階レセプションには美女が一人、左手の階段を登ると2階レセプションがある。

レディの誘導に従って入店すれば良い。ホーチミンの高級クラブでは、レセプション〜マネージャー、ホステス、バーテンダーに至るまで、全て英語でのやり取りとなる。とはいえ従業員はベトナム人だから、ホテルやレストランレベルの英語が出来れば問題ない。一人で遊ぶなら、楕円形のバーカウンターがおすすめだ。

慣れないうちは、入店後にバーカウンターを指差し、誘導された席に着くと良い。ボトルメニューが渡されるので、300万ドン(約1万5千円)程度のボトルを適当に。あとはフルーツ盛り(約3,500円と安い)が定番だが、なかなかFruits(フルーツ)と言っても伝わらない。誰かが頼んでいるのを指さすとか、ベトナム語ならcho tôi trái cây(チョートイ・チャイカイ)だ。

フルーツ盛り 約3,500円

バーテンダーと飲んでいると、ほどなくマネージャーが挨拶に来て「レディを呼ぶか?」と尋ねられる。Mz Clubではソファー席でもバーカウンターでも、常駐しているホステスを何人でも呼ぶ事が出来る。一緒に飲んだ場合には、レディにチップ50万ドン(約2500円)を渡そう。マネージャーにもチップ50万ドン(約2500円)が普通だが、リピートして待遇をあげる目的が無ければ不要かと思う。

特に要求しなければ、マネージャーが選んだホステスを勝手につけて来る。全体的なレベルは高いので、そんなにハズレが来る事はないと思う。選びたい場合には、トイレに行くふりをしてレディを一通り見れば良い。待機のなかに一緒に飲みたい子がいたら、マネージャーや支配人に伝えれば席に呼んでくれる。

ホーチミンにはMz Clubのような高級クラブがいくつかあるが、高級かどうかを見分ける基準として「トイレ係がいるかどうか?」は目安になる。高級クラブであれば、トイレ前やトイレ内にスタッフを配置しており、ドアを開閉したりおしぼりを渡したりしているはずだ。彼らはもちろん給料がないので、2万ドン(約100円)くらいチップをあげるのが礼儀となる。面倒な常識が多い高級クラブだが、慣れてしまえば普通になる。

ドレスコードは「短パンNG」となっている。上はTシャツでも問題ない。サンダルよりは靴の方が良いだろう。何故なら「富裕層=車」なので、雨だろうと靴なのだ。ホーチミンもバンコクも南国ですから、欧米のドレスコードに比べれば格段に甘い。美女とデートで高級レストランやスカイバーへ行った時、ここでの経験が生きて自然に振る舞えるようになる。ホーチミンの日本人街は本当に狭くて、どこで飲んでてても誰かに見られている。

せっかく海外まで来たのだから、色々とチャレンジして欲しい。予算は初回3万円くらい、ボトルがあれば1万円以下で楽しめる。ここホーチミンでは高額だが、日本の銀座なら軽く15万コースだ。レディのレベルも高いし、富裕層の接待にも使える店だろう。存分に異国情緒(夜)を味わって欲しい。

店名MZ Restaurant,MZ Club Live Music Bar
住所56A Bùi Thị Xuân, Bến Thành, Quận 1, Hồ Chí Minh, ベトナム
営業確認日2018年7月1日