夜のホーチミン
×

ジャカルタ・ブロックMのカラオケ店YOZORAで飲んで歌って総額800,000ルピアだった

ジャカルタ3日目はブロックMのカラオケ店へ。7時前にブロックMに到着、まずは「鳥一」で腹ごしらえして、周辺の日系カラオケ店を5軒ほど覗いてみる。どこの店でも大体1人は選べる子がいた。「TOMBO」と「ほまれ」の系列は高級感があり、現地駐在員の接待御用達だろう。日本人好みの可愛い系・清楚系もちらほらいた。

インドネシア語がまったく話せないので、体でスキンシップが取れないと楽しめそうにない。日本人好みに教育され過ぎているのも嫌だ。という事で場末感漂うカラオケ店YOZORAへ入った。料金(値段)は事前に交渉で800,000ルピア(約5,900円)飲み放題となった。ブロックM周辺の日系カラオケ店なら6,000円くらいが相場だろう。

店は臭いが可愛い子は居たので迷わず指名、年は19歳と若く顔もスタイルも良かった。日本語が話せると言っていたが、ほとんど話せなかった。軽くセクハラしに来ただけなので問題ない。カラオケをしながらセクハラを楽しむ。若いだけあって肌はすべすべだ。密着しているだけでも気持ち良くなれる。

ジャカルタのカラオケ店・YOZORA

初日・2日目でローカルを攻めているだけに、ブロックMエリアの料金は割高に感じる。韓国カラオケへ行けば激しいサービスが受けれるようだが、料金が高くなるのが目に見えているので馬鹿馬鹿しい。このエリアは通うというよりも、日本からゲストが来た時に接待で使う程度で良さそうだ。

ジャカルタの風俗・夜遊びならKing Crossのようなタイプの店が一番コスパ良く楽しめると思う。ローカルは言葉も通じず、案内人がいないと難しいが、日系カラオケ店はバンコク・マニラ・ホーチミンにもあるので、わざわざジャカルタに行く必要は感じない。一人で遊ぶならブロックMエリアは比較的安全だろう。

ブロックMにあるカラオケ夜空

最終営業確認日:2018年10月14日

ジャカルタ夜遊び
Categories
ホーチミン夜遊び
番外編
Popular Entries
Loading ...
もっと見る
Related Entries
Loading ...
もっと見る
New Entries
Loading ...
もっと見る